カテゴリー別アーカイブ: 食品

糖質制限ダイエットのメカニズム

糖質は炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素にあたる炭水化物の一部です。


炭水化物には、「糖質」と「消化できない食物繊維」の2つがあり、前者は人が消化吸収できますが、後者はそれができません。

糖質の主たる役割は、身体の重要なエネルギー源として、また、脳や神経の活動を左右するエネルギー源としての役割を果たすことです。


そして、このエネルギー源である糖質を制限すると、体内にある中性脂肪がエネルギー源として利用されるようになります。

体内に糖が不足するようになると、体内に蓄積されていた中性脂肪が分解されるため、これが、結果的に脂肪の減少に繋がるのです。

また、糖質を制限することによって、血糖値の上昇が抑えられ、血糖値の上昇に比例して分泌されるホルモン「インスリン」の分泌も抑制されます。

インスリンは、血糖値を下げるために血液中の糖を脂肪細胞に取り込むよう命令を出すホルモンです。

このインスリンの分泌量が少なくなると、それだけ糖が脂肪細胞に取り込まれなくなって、その結果として太りにくくなるのです。


「ナッシュ(nosh)」は【糖質90%OFF】の冷凍弁当を提供♪

青汁は3ヶ月は継続しよう

青汁には便秘解消の他、さまざまな健康への良い効果が期待できますが、その効果が実際に現れるまでにはどれくらいかかるのでしようか。青汁を飲み始めて早い人は1~2週間程度で効果を実感さするようですが、通常は、3ヶ月前後でさまざまな症状が改善されたという声を聞くケースが多いです。
その理由の一つとしては、人間の血液を形成する赤血球は約120日で新しく生まれ変わるという点が挙げられます。
青汁は、何にでも効く強力な特効薬というものではありませんが、飲用を続けている内に、驚くほどの効果を期待できるようになります。
まず、青汁を飲みつづけることで弱アルカリ体質になり、細胞が正常に代謝されるようになります。その結果、「抵抗力」や「免疫力」「自然治癒力」「疲労防止力」などが高められるようになりますし、そのほか、さまざまな病気や生活習慣病の予防・改善の効果が期待できます。約3ヶ月を目安に続けることによって、このような効果を体感されることでしょう。
青汁には薬のような副作用もありません。食品素材でつくられた素晴らしい飲み物ですので、まずは3ヶ月間続けてみてください。

便秘やむくみの解消なら「ふるさと青汁」

蟹の審査基準とは

今や、かに通販にとって、訳あり蟹はなくてはならない商品になりました。インターネットで「訳あり カニ」などで検索すると 「訳あり カニ」を販売しているサイトがいっぱい出てきます。
この、「訳あり蟹」というのは、簡単に言えば「規格外品」のことです。
浜で水揚げされた蟹は、スーパーや百貨店に並ぶ前に、漁協組合や大手スーパー、流通会社などで審査され、審査基準に通った蟹は正規商品として店頭に並びますが、審査にパスしなかった蟹は、「規格外品」として飲食店や旅館に卸されたり、他の加工商品になったり、地元で消費されたりします。また、最悪の場合は破棄されることもあります。
ところが、この「審査基準」なるものは、それぞれの漁協組合や大手スーパー、流通会社によって異なります。
だいたい共通している審査基準は「見た目」で判断されてあり、いちいち、殻を剥いて中身(蟹身)まで審査することはありません。
このため、甲羅(殻)の色艶(いろつや)の不具合や爪折れ、脚折れ、不揃いという理由だけで「規格外品」になってしまう場合がほとんどで、あくまでも見た目で判断している事が多いのです。
この様に、「訳あり蟹」は、中身(蟹身やカニ味噌)は「正規品」と同じなのに、見た目が悪いと言う理由だけで「規格外品」とされ、それゆえに、安く販売されているのです。
カニを安く、しかも、腹いっぱい食べたいと言う方にとっては、これを見逃すという手はありませんよね。
匠本舗の【かに本舗】は、知名度抜群、売上日本一のかに通販店です。

かにの種類と特徴

食材としての蟹には、タラバガニやヤシガニなど、分類学上カニの仲間でないものも含まれております。これらは、一般的に高価な食材として販売されており、茹でたり焼いたりすると赤くなります。
ズワイガニは、日本では山陰から北陸にかけての日本海で漁獲されます。しかし、同じズワイガニでも、山陰で獲れたカニは「松葉蟹」、北陸で獲れたカニき「越前蟹」と呼びます。
その値段は、だいたい、1尾1万円~3万円くらいします。また、輸入物ではアラスカ・カナダ・ロシア産があります。
紅ズワイガニもありますが、姿形はズワイガニとそっくりですが、生の時から鮮やかな紅に近いオレンジ色をしているところが違います。
毛がには、北海道を代表するカニで、甘みがあって美味しいです。しかし、最近は漁獲量が減少したことにより、ロシアからの輸入物が多くなっております。これによく似たカニに、小型の「くりがに」もいますが、これは、陸奥湾などで漁獲されます。
サイズが小さくて、安い「毛がに」が販売されている時は、まず、この「くりがに」だと思ったほうが良いでしょう。
タラバガニには、「本たらば」と「油たらば」があります。一応、カニの名がついていますが、カニの仲間ではなく「やどかり」の仲間です。ここ数年は、ロシアからの搬入が多くなっております。
花咲がにも、カニの仲間ではなく「やどかり」の仲間です。昔は根室半島でたくさん漁獲されたため、根室半島の旧名(花咲半島)である「花咲」が名前についたと言われておりますが、今では、漁獲量は多くありません。
【長万部産 黄金毛ガニ】通販なら「美食市」