カテゴリー別アーカイブ: 車

ドライブレコーダーの機能別タイプ

■衝撃感知型


走行中に衝撃(異変)を感知した際に、自動的に録画を開始するタイプです。


これには、衝撃センサーで振動を感知する場合と、モーションセンサーで周囲の動きを感知する場合の2種類あります。


車両が接触する可能性の高い一般道路や高速道路の走行、あるいは、信号待ちの衝突などに威力を発揮します。


このほか、駐車中などの停車時に録画ができ、駐車監視型ドラレコを搭載していなくても録画が行えます。


車両に装備されている常時電源と接続することにより、給電状態を維持でき、ほとんどの車種で駐車中の録画が可能となっています。


■多機能型


通常のドライブレコーダー以外にカーナビ、ワンセグ、レーダー探知など幾つかの機能を備えたタイプです。


1台で多くの機能を搭載しているため、別の機器を取り付けなくて済むため、スペースに困るといった事態を避けることができます。


機能としては、ドライブレコーダーの視野角が広いため、車体の真横まで録画することが可能なので、走行中の他車の割り込みや、急な車線変更なども映像として残すことができます。


この他にも、衝突を防ぐために警告音を出す安全機能やWiFiやGPSが搭載されている機種もあります。


WiFi機能を利用すれば、スマホなどの機器に録画した映像をダウンロードができるため、事故発生時には映像の確認が可能となります。


GPS機能は、走行したルートを録画できるため、たとえ道を忘れても映像で確認することができます。


■常時録画型


基本的には、運転中やトラブル時に作動するタイプではなく、駐車時に録画を開始するタイプです。


動いている時ではなく、止まっている時にモーションセンサーによって作動する駐車監視機能付きが多く、駐車場で当て逃げやいたずらなど、運転中以外の被害を少しでも減らすためにも有効です。


「ドライブレコーダー」なら【液晶王国】