カテゴリー別アーカイブ: 美容

ストレスとニキビとの関係

ニキビの大きな原因の一つはストレスです。ストレスがなぜニキビの原因になるかと言うと、ストレスがかかると緊張状態になるために、 血流が滞り血の巡りが悪くなります。

血流が悪くなると、血流活性効果のあるDHT(ジヒドロテストステロン)という強力な 男性ホルモンを多く分泌させます。

このDHTが、肌荒れやニキビの原因になるのです。 このような理由から「ストレスがかかるとホルモンバランスが崩れる。」と言われるのです。

ニキビを防ぐには、何といっても、ストレスを溜め込まない事が大切です。スポーツや没頭できる趣味など自分に合ったストレスの解消方法を見つけストレスを溜め込まないように心がけましょう。

ニキビに悩む⇒ストレスがかかる⇒ストレスでまたニキビが出来る⇒また悩んでニキビ発生。

このような悪循環に陥らないように注意が必要です。

また、ピーリング効果のある石鹸や化粧水などで厚くなった角質を剥がしたのちに丁寧に保湿をし、お肌のターンオーバーを正常に近づけることも効果があります。

背中ニキビには「ジュエルレイン」

育毛と発毛は違うの?

育毛と発毛は似ているようで微妙に違います。一言で手うと、髪や頭皮に与える作用が異なるのです。


育毛とは、文字通り、今ある髪をしっかりと育てていくことです。育毛剤であれば、脱毛を予防したり、フケやかゆみをおさえたりして、丈夫な髪を育てることになります。


これはまた、頭皮環境を整えることにも繋がるため、薄毛部分からの発毛も期待することができます。


一方、発毛は、その名のとおり発毛です。様々な原因によって脱毛状態になってしまった状態から、髪の毛を増やすことです。


発毛剤は、毛髪の司令塔でもある毛母細胞の働きを活性化させ、休止期にある毛根から、再び発毛をさせるものです。


また、これらに関連して、養毛剤と呼ばれるものがありますが、これは、髪の毛や頭皮に栄養を行きわたらせることによって、髪の健康を維持することを目的とするものです。


これを使うことによって、髪の毛や頭皮に適度な油分と水分を与え、髪の外部からのダメージから保護したり、痛みを修復したりする効果があります。

養毛剤も含めて、育毛剤や発毛剤を使用する場合には、こうした違いをしっかり認識した上で行うことが大切です。


レーザー育毛器「レイモ」は【3つの機能】で、9割が育毛・発毛効果を実感!!

最近の脱毛サロン事情 

女性にとって無駄毛の処理というものは、常に付きまとう面倒くさい作業ですよね。わき毛があって得することはほとんどありません。
ムダ毛のないつるつるの素肌を目指して、季節を問わず脱毛サロンに通う女性たちが増え続けた結果、今や脱毛はブームとよばれるまでに普及しています。
サロンでの脱毛は、不安や疑問をなくすために、一人ひとりに応じたカウンセリングを行うことが、特に、重要です。
このため、多くの脱毛サロンでは、事前に個別カウンセリングをしっかりと行い、その人その人の肌の質や毛の質に合わせた脱毛プランを提案してくれます。
なかには、キャンペーン料金として1000円程度から始められるワキ毛の脱毛から、自分では処理しにくいV.I.O.ライン(ビキニライン、 股下、お尻の奥)に特化したコース、さらには、術後20年間のアフターフォローがついた、全身フル脱毛のコースまで、目的に合わせてさまざまなプランを選ぶことができます。
また、術後のボディケアやフェイシャルエステなどで美肌効果が期待できたり、デオドラントケア付きの脱毛プランで制汗対策もできたりするなど、脱毛だけでなく、スキンケア対策が充実しているのも、最近の特徴です。
さらに、プライバシーに配慮した完全個室のサロンも多く、人目を気にせずリラックスして施術を受けることができます。シャンデリアつきの豪勢な個室や、南国リゾートを思わせる個室など、女性に嬉しい雰囲気のサロンも増えています。
脱毛に悩んでいる方は、一度、脱毛サロンを利用されてはいかがでしようか。

「ジェイエステティック」は低価格脱毛サロンです。

家庭用脱毛器は、脱毛したい部位に合わせて選ぼう

スカートを履く人は足の脱毛をしたいと思うでしょうし、ビキニを着る人は、デリケートゾーンが気になるのではないでしょうか。


ワキや腕、足はたいていどの脱毛器でもできますが、デリケートゾーンや顔ができる脱毛器は限られてきます。


家庭用脱毛器を選ぶにあたって、どの脱毛器が良いのか分からない、と迷って決められない場合は、自分が最も脱毛したい部位がスムーズに施術できる機器を選ぶのも一つの方法です。


通常、家庭用脱毛器は、体のほとんどの箇所に処理を施すことができますが、口の周りや目の周り、あるいは、デリケートゾーンについては、できる機器とそうでない機器があります。


「フラッシュ脱毛器」や「レーザー脱毛器」は、照射した光が目に入ると危険なため、基本的には目の周りへの施術は禁止になっているものが多いです。


このため、目の周りを脱毛したい場合は、ピンポイントで安全に照射できるように設定された機器を選ぶ必要があります。


「サーミコン(熱線)式脱毛器」は、毛が細い女性の口回りや産毛が多い胸などにあてると、火傷の危険があるため禁止になっています。


また「サーミコン式脱毛器」は熱線を毛にあててその熱が毛根まで伝わりダメージをあたえる仕組みになっているため、ワキなどの凹凸がある箇所を施術するときは、たまに肌に触れ、皮膚にダメージが加わることがあります。


特定の部位ではなく、全身脱毛したいという人には、照射範囲が広く、かつ、痛みが少ない機器を選ぶのがベストです。


Vラインやワキを脱毛したいという人には、肌へのダメージが少なく、ムラなく脱毛できる、フラッシュ脱毛器がオススメです。



「トリアビューティー」は本格的な【家庭用レーザー脱毛器】☆脱毛効果は抜群♪

ニキビを作らない生活習慣

ニキビは日常の食生活に気をつけることが大事です。ニキビができる原因の大半が過剰は皮脂の分泌なので、この多すぎる皮脂の材料になる糖分や油分を控える必要があります。 他にも皮脂を押さえるビタミンB郡の摂取、免疫力を高めるビタミンA、皮膚の再生を促す亜鉛などが含まれる食材はニキビに良いです。
基本的に食事は洋食よりも脂肪分の少ない和食がオススメです。食事の合い間のおやつなどの間食もなるべく控え、油分の多いファーストフード、スナック類、糖分の多いお菓子類もニキビの原因になります。
また、睡眠はも大事で、夜更かしや不規則な就寝を繰り返すとホルモンバランスを崩し、 ニキビの原因になります。不規則な睡眠や不十分な睡眠により、お肌のターンオーバーが乱れると角質が厚くなることで 毛穴をふさぎ、ニキビになってしまうことがあるので十分な睡眠をとることがお肌の健康を保ちます。
お肌は夜の11時~午前2時の間に最も活発に作られます。 ニキビによって傷ついた肌の回復を早めるためにもは午前0時までには就寝できるように心掛けましょう。
猫背で姿勢が悪いと見た目がだらしなく見えるだけではなく、猫背により内臓が圧迫され 胃下垂や内蔵機能障害、血行障害になりやすく内臓疾患の恐れも出てきます。内臓系の不調は口の周りのニキビ、吹き出物として現れます。 普段机に向かう機会が多い学生や、デスクワークなどの仕事が多い人は どうしても慢性的に姿勢が悪くなる傾向があるので、日頃から良い姿勢を 保つように意識しましょう。

「パルクレールジェル」で【あごニキビ&背中ニキビ】をトータルケア♪

レーザー脱毛とその注意点とは

医療機関が行うレーザー脱毛と、エステサロンの光(フラッシュ)脱毛の原理は同じですが、照射するレーザー(光)の種類はかなり違います。
レーザーの方が強いのはもちろん、光が拡散しないために、照射した箇所は熱をもちやすく、火傷などのトラブルになりやすいのです。そのため、レーザーを扱えるのは医療機関に限定されています。
レーザー脱毛の仕組みは、黒や茶色に吸収される波長のレーザーを脱毛したい部分に照射し、毛根や、その周囲の毛包を破壊して発毛できなくするというものです。
レーザー脱毛の効果があるのは成長期の毛のみで、全体の15~20%にとどまります。残りの毛は休眠期を終えると生えてくるので、そのような発毛サイクルに合わせて数回照射します。
レーザー脱毛のメリットは、一度に短時間で広範囲を脱毛できる点です。したがって、背中や脚など脱毛面積が広い部位を迅速に脱毛できます。
針脱毛(電気脱毛)に比べると痛みが圧倒的に少ないので、肉体的・精神的な負担も軽くなります。同じ原理の脱毛法に光脱毛もありますが、レーザー脱毛は光脱毛よりも出力が強いので、脱毛の効果も光脱毛より上です。

脱毛なら「リンリン(RinRin)」で!!

育毛サプリメントのメリットと注意点

栄養は毎日の食事から摂取するのが一番理想的ではありますが、それでも不足しがちな栄養素があり、これらを効率的に補給する方法としてサプリが活用されています。


育毛サプリメントもその一つで、髪の発毛や育毛に効果を発揮することを期待され、多数の製品が販売されています。


外用薬の育毛剤は、頭皮に塗布することで育毛効果を発揮しますが、育毛サプリメントは、人体の内部から育毛効果をもたらそうとするものです。

薄毛を進行させる原因のひとつに、不規則な食生活があります。栄養バランスの悪い食事をしていると、髪の生長に必要な栄養素が不足し、毛が細くなるだけでなく、抜け毛が増えてしまうのです。


しかしながら、生活様式が多様化した現代人にとっては、栄養バランスの取れた食事を規則的におこなうことは困難となっております。満足に食事が取れない人にとって、育毛のための栄養をサプリで摂取できる育毛サプリメントは欠かせないものでしょう。


育毛や発毛、また、抜け毛の防止に効果的な栄養素としては、亜鉛やビタミンがあります。

また、大豆イソフラボンやカプサイシン、ノコギリヤシ、リコピン、フラバンジェノールなども注目の成分です。


ただし、サプリメントは、たくさん飲めば効果が高まるというものではありません。

それぞれの栄養素には適量があり、飲みすぎると逆に健康を損なう恐れさえあります。


このため、育毛サプリメントを利用する際には、必ず用法用量を守ることが重要です。サプリメントはあくまでも栄養補助食品だととらえ、全てをサプリでまかなうのではなく、あくまでも、不足しがちな栄養素を補うために摂取するという心構えが必要です。


女性の育毛なら「ベルタ育毛剤」

正しい洗顔のポイント

洗顔はスキンケアの基本中の基本です。一日過ごした肌は酸化したメイク汚れや肌からはがれ落ちた老化角質(垢)、空気中のちりやホコリ、汗や皮脂等の老廃物など、様々な種類の汚れでいっぱい!! まずクレンジングで油脂性の汚れを取り、 その後洗顔料を使ってさっぱりと洗い流すダブル洗顔がおススメです。
洗顔にはぬるま湯を使うのがベターですが、お湯の温度にも注意が必要。顔の表面温度は約32~34℃、顔の表面から皮脂が溶け出す温度は約30℃とされています。 そのため、皮脂を溶かし、かつ肌に負担にならない32℃前後のお湯で洗うのがベストといえます。
熱すぎるお湯で洗うと肌に必要な潤いや成分まで洗い流してしまい、乾燥肌の方は肌がつっぱったり、カサカサになったりすることも。また、オイリー肌の方は失った油分を補おうと余計に皮脂を分泌し、ますますベタつきが気になる悪循環に陥ってしまいます。
一方、温度が低すぎる水などで洗うと毛穴が閉じてしまい、皮脂や汚れがしっかり落ちにくくなって肌トラブルの原因になります。潤いを保ちつつ、スッキリと肌を清潔に保つ最適温度を見つけることも大切です。
「VCOマイルドソープ」で透明肌♪