カテゴリー別アーカイブ: 健康

血糖値とは?

若い時には全く気にならなかったのに、歳をとるにつれ気になりだすのが、血圧と血糖値でしょう。


とりわけ、血糖値が高いまま放置すると糖尿病へと進みかねないので、特に注意が必要です。


血液の中のブドウ糖のことを血糖と言いますので、血糖値とは、体内を流れる血液中の血糖の濃度の値を指します。


健康診断を受けた際、血糖値が基準値よりも高いと、「高血糖」と診断されて、医師から血糖値対策の指導を受けることになります。


高血糖になると、血液中の糖の濃度が高すぎる状態ですから、血液はドロドロ状態になり、水分不足で脱水症状を起こすこともあります。


反対に、血糖値が基準よりも低いと「低血糖」となります。


低血糖になる主な原因は、高血糖のために薬を服用中だが、なにかの間違いで薬を飲みすぎたり、薬を飲んでいるのに食事を抜いたり、あるいは、激しい運動をした際などに、薬が効きすぎて血糖値が過度に下がることによるものです。


このように、血糖値は高すぎても低すぎても、身体に悪影響が及ぶので注意が必要なのです。


「血糖値」が気になったらコレで改善♪

水素を体内に取り入れる方法は?

水素を体内に取り入れる方法は、水素水の飲用、水素ガスの吸入、水素水浴の3つの方法があります。


アルミパウチ水素水は、水素ガスを充填するもので、 安全性の点では問題はありませんが、水素は、1m3の水に0℃・1気圧下で0.98mol(1.96ppm)溶けて飽和します。


炭酸飲料と同様、常圧に戻った瞬間、過飽和分の水素は速やかに抜け出すため、これ以上の濃度(過飽和)は無意味となりますので、高濃度を謳った高価水素水はあまり意味がありません。


水素水スティックなどで水素を発生させる「金属マグネシウム反応方式」や耐圧容器の中で水素を発生させる「水素生成剤方式」は、いずれも、マグネシウムやアルミニウム及びカルシウム化合物を使って水素を発生させます。


このため、水素だけてなく、マグネシウムイオンやアルミニウムイオンを一緒に体内に入れることになります。このため、十分な水素を取り込む前に、マグネシウムやアルミニウムの過剰摂取が懸念されることになります。


体内で水素発生剤から水素を発生させる「サプリメント方式」は、水素発生剤を粉末のまま直接体内に取り入れるため、何がどの程度起こっているのかよく分かりません。


水素発生のための材料としては、マグネシウムやアルミニウム及びカルシウム化合物と同様のもの、または、水素を吸着させたものがあります。


前者では、これらの過剰摂取のリスクがあり、後者では体内で水素が遊離するのかどうかなどは、その程度なのかも含めて判断は困難です。


サーバー内で電気分解を行う「電気分解方式」は、水素は発生しますが、これが水中でどの程度安定的に存在できるのかは疑問です。


しかし、水を電気分解した際に陰極側に生成するアルカリイオン水は、効能・効果として胃腸症状の改善が認められております。


水素ガスの吸入は、水素を気体で取り入れるため、水素水の何倍もの水素を短時間で取り入れることが可能です。


また、肺から直接吸収するため、胃酸による影響を受けず、約15 分の吸入で血液を通して体全体に水素を届けることができます。


水素水浴については、体は皮膚呼吸をしているため、水素風呂に浸かることで水素を体全体で取り込み全身に浸透させることができます。


また、浴室内に充満した水素を、口からの呼吸によって取り込むことができます。

水素水でアンチエイジング

花粉症の季節は?

花粉症の季節と言えば一般的には春先と思われがちですが、実は、花粉は一年中飛散しているのです。


花粉を飛散させるのは何もスギやヒノキだけではありません、どんな植物も花粉を飛散させ繁殖範囲を拡大しており、その植物毎に飛散する時期が異なるからです。

しかし、その人の体質によって過剰反応する花粉が異なるため、花粉症の人でも、一年中症状に悩まされることは殆どほとんどありません。

スギやヒノキに反応する人もいれば、イネやブタクサに反応する人もおり、それぞれ、これらの花粉が多く飛散する時期に花粉症の症状が現れるのです。

スギとヒノキの花粉が飛散する時期はほぼ同じで、ヒノキの方が、約1カ月遅れて飛散を始めます。

飛散量の最盛期は、スギは2月~4月頃まで、ヒノキは3月~4月頃までです。

この2つは、花粉の形が似ているため、スギに反応する人は、ヒノキにも反応しやすいと言われています。
また、地域によって飛散時期は違いがありますが、早い人だと、1月上旬ころかに花粉症の症状が現れることもあるようです。

花粉の飛散が終了するのは、スギは5~6月頃、ヒノキは5月頃ですから、花粉症の症状が軽い人は2月~3月、長い人だと、1月~7月まで続くこともあるようです。

夏~秋にかけての花粉症の代表的ものとしては、ブタクサやヨモギで8~10月頃、また、イネ科は田植えの時期となる4~6月頃と、稲刈り時期の8~10月頃と2度あります。

なお、北海道や沖縄は、本州と違って花粉が少ないのが特長です。北海道はスギの木が少ないためスギ花粉症が少なく、あるとすれば、シラカバで、4月下旬~6月初旬、イネは6月中旬~6月下旬に多く飛散します。

沖縄はスギ、ヒノキがほとんど自生していません。あるとすれば、ススキで8月~9月頃がピークとなります。


「じゃばら」で花粉症やアレルギー症状を緩和

より安全なプラセンタ製品を選ぶには

プラセンタには、医薬品、サプリメント、化粧品がありますが、この内、医薬品は開発から販売までは、様々な基礎試験、臨床試験、治験が行われ、その有効性については国が承認したものですから効果が期待できます。

一方、サプリメント、化粧品は、製造会社が設定した基準に基づいて製造されているため、購入にあたっては、原材料や産地の確認に加え、SPFや日本健康・栄養食品協会(JHNFA)などの基準を満たしている商品を選ぶと安心です。

ただ、ここで注意が必要なのは、プラセンタ医薬品やサプリメントの有効性や品質の安全性が高いと言っても、全ての人に有害な事象が生じないとはいいきれません。 有害性に関しては、体質やアレルギーなどによって個人差があるからです。

このため、服用によって体調変化や違和感があれば、速やかに服用を中止して医師・薬剤師に相談しましょう。


また、複数のサプリメントやビタミン剤を服用する場合は、製品に含まれているプラセンタ以外の有効成分が、他のビタミン剤やサプリメントと重複して過剰摂取にならないように注意しましょう。

母の滴プラセンタシリーズでエイジングケア

安眠枕の選び方

質の高い睡眠をとるためには枕が重要な役割を果たします。枕を選ぶ上で重要なのは高さです。理想的なのは、仰向けに寝たときに顎下にしわがよらない程度の高さです。


睡眠時は鼻呼吸が基本ですが、高すぎる枕を使うと口呼吸になってしまいます。逆に低すぎる枕は、仰向けに眠るとつっぱり感が出て息苦しさを感じ、口呼吸になりがちです。

中には、柔らかい枕を好む人が居りますが、それも程度の問題で、ある程度の硬さは必要です。特に、首や肩に痛みを感じている人は要注意です。

首や肩が痛い人は、どうしても柔らかい枕を選びがちですが、長時間同じ姿勢を保つために、逆に。体の痛みを引き起こしてしまいます。

これに対して、硬い枕は寝返りしやすく頻繁に姿勢を変えることが出来るので、体の負担が一点に集中しません。

自分が寝やすい柔らかい枕は、使い心地良いからといって、それが体に良いわけではありません。ある程度硬い枕は、使い始めは多少の違和感がありますが、体に負担をかけることなく安眠することができます。

枕の通気性が悪いと蒸れてしまい、ダニや雑菌などが繁殖しアレルギーに繋がります。さらに、蒸れることによって枕の温度が下がり、睡眠時の頭の温度も下がって、夜中に目覚める原因にもなります。

また、干したり、洗ったりと手入れに手間がかかります。通気性の良い枕であれば、たまに干して枕カバーを洗えば良いので、手入れも楽になります。


安眠枕の【スリープドクターズピロー】は満足度90%以上

サプリメントと健康食品の危険性

トクホと違い厚生労働省が認められていない「健康食品」は、一般食品と同じ扱いですが、このような製品の中には、大々的な宣伝活動によって話題とはなりますが、消費者がなんら健康メリットを感じられないだけでなく、逆に、健康被害が発生してしまったものも存在します。


健康を期待して、高い金を払って購入したのに、逆に健康被害を受けてしまった、なんてことにならないよう、サプリメントや健康食品を利用する場合には十分な注意が必要です。

健康被害は、副作用の発生などサプリメントや健康食品自体に原因があるもの、他人の体験談やマスコミの情報を鵜呑みにして購入し摂取したが、自分の身体に合わなかったもの、あるいは、用法容量が明記されているにも関わらず、効果を早く出そうと焦って過剰摂取してしまい、副作用が出たなど、消費者側にも原因の一端があるものまで様々です。

例えば、一時はガンに効くとブームを呼んだアガリスクの健康被害は、中国原産のアガリクスを100%使用した製品を服用し続けた人が、肝機能障害で死亡するという事故が発生しております。

この製品を使って動物実験を行った結果、他の発ガン性物質に作用し、発ガンを促進する働きがあるということが発見されております。

「こどもバナナ青汁」

ワキが臭うメカニズム

人の汗が分泌される器官である汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2つがあります。


エクリン腺から分泌されるのは水で、これに微量のミネラルが含まれておりますが、アポクリン腺から分泌されるのは皮脂成分です。


本来、この皮脂成分自体は無臭ですが、皮膚にいる細菌が分解すると、ワキが独特の臭いを発するようになります。


すなわち、ワキの臭いがする原因は、アポクリン腺分泌液と細菌の2つが存在することによるものなのです。


ワキガは病気ではなく体質です。ワキガ体質の人は、このアポクリン腺の量によって大きく左右されます。

日本人は基本的にアポクリン腺を持つ人が少ないのですが、欧米人の多くはアポクリン腺を持つ人が多く、一般的にワキガ体質です。


家族にワキガ体質の人がいる、耳垢が湿っている、肌着の脇の部分に黄ばみが付く、汗がベタつく、体毛が濃いの内、複数該当すれば、ワキガの可能性は高くなります。


軽度のワキガ体質であれば、毎日、しっかりと風呂に入って、ワキの下などを清潔に保つことによって臭いは軽減されますが、ひどい場合は、手術をする必要があります。


「薬用ネオテクト」

EMSトレーニングの必要性

EMSの効果を最大限あげるためには、ただ装着するだけではなく、身体を動かしながらトレーニングし、これを日常的にやることが大切です。


自分一人でモチベーションを保てる人は問題ありませんが、それに自信がない人はフィットネススタジオに通うのがおすすめです。


最初の2~3カ月は、週に2~3回程度の頻度行い、慣れてきたら自分のペースでやっていくとよいようです。また、休息日を儲けることも大切です。


このEMSトレーニングを始める人の大半はダイエットが目的だそうです。ダイエットに一番必要なのは、筋肉を動かすことですから、それは当然のことなのでしょう。


特に、腹筋運動は、EMSを装着することによって、電気振動が腹部に伝わり、運動中の腹筋をやっている回数が増幅されるため、腹筋を20回やると、100回分くらいの効果があるそうです。


では、ダイエットの必要がない、痩せている人がEMSトレーニングを行うとどうなるのでしようか?


痩せていても、電流で筋肉に刺激を与えることによって、筋肉を鍛える効果が期待できます。このため、筋トレや健康維持を目的としてトレーニングをすることもできます。


EMSの【ながら運動】で筋トレとシェィプアップ♪

プラセンタによる更年期障害治療

更年期とは閉経前後の約10年間を指します。日本人女性の場合だと、だいたい、45~55歳ぐらいがその時期にあたります。


更年期の症状は個人差が大きく、殆ど自覚症状がない人もいれば、日常生活に支障をきたすほど重い症状など様々です。そして、日常生活に影響があるくらいの症状がある場合を更年期障害と呼びます。


更年期の初期の現われる症状としては、月経異常、自律神経失調症による、のぼせ、ほてり、発汗、手足の冷え、血圧の変化、精神神経症状による記憶力や集中力の低下、不眠、イライラ、孤独感、頭痛、めまいなどがあります。

中期から後期になると、膣や膀胱の衰えによる頻尿、尿漏れ、細菌性膣炎、筋肉や骨格の衰えによる尿漏れ、肩こり、腰痛、関節痛、子宮脱、肌の衰えによる、シミ、シワ、透明感の低下などがあります。この他にも、高血圧、高脂血症、高血糖、肥満などがあります。

更年期障害の治療薬として認可されているのがプラセンタ製剤の「メルスモン」で、皮下注射によって治療しますが、それ以外にも、貼り薬、塗り薬、飲薬があり、一部の漢方薬を除いては健康保険が適用されます。

「メルスモン」は、感染のない健康なヒト胎盤を原料としたプラセンタ製剤で、多種アミノ酸やミネラルを含みます。

その効果は、衰えていた卵巣の働きを助け、ホルモンバランスを整え、同時に、血行促進、造血、疲労回復などの働きと合わせて、更年期障害の症状を緩和していくもので、有効率は77.4%と高い効果を示しております。


植物性プラセンタ「穂のしずく」☆女性の健康と美白・美肌をサポート♪

室内・寝室のアレルギー対策

気管支ぜん息やアトピー性皮膚炎など、多くの子供がこうしたアレルギー症状に苦しんでおります。
アレルギー症状への引き金になるのが、アレルゲン(アレルギーの原因物質)ですが、これは、家の中や寝具のホコリ、カビや花粉、動物の毛やフケ、タバコの煙、さらには、大気汚染物質や気象の変化等々、日常生活の中に存在するごくありふれたものが殆どです。
1日の大半を過ごす室内や寝室においてアレルゲンとして考えられるは、細菌の胞子、ハウスダスト(ダニのフン、ダニの死骸がおもな家の中のホコリ)、カビ、花粉などがあります。
アレルギーの症状のもとになるアレルゲンを改善していく方法の一つとして、よく言われるのが「環境整備」です。
寝室の床は、畳の上にカーペット、あるいは、ジュータンの上に敷物などを敷いていませんか。
このように床面を二重三重にしていると、重ねた空間にダニの棲みかを作ってやり、育てているようなものです。
ダニやカビは、通気性のよくない隙間と適度な湿気があれば、最も良い繁殖条件が整ってしまうからです。
床面は、二重、三重に重ねて使わない、風通しを良くし、乾燥させる、こまめな掃除(掃除機)で、ハウスダストやダニを除去する、動物や植物などを入れるのを避ける。
など、ダニ、カビのもとを改善することが大切です。

「陽だまりの休息」は【アレルギーや冷え性】に効果的