カテゴリー別アーカイブ: 防犯

自宅内での小型カメラの使い方

小型カメラには多種多様な隠しタイプがありますので、撮影する場所に適した機種を選ぶことが大切です。


自宅で撮影するのに適したカメラは固定型です。撮影の失敗が少なく、撮影アングルを事前に確認しておくことによって撮影したい動画を高確率で手に入れることができます。


また、テーブルやボックスなどの上に置いて撮影をする時は、持ち運び型カメラが便利で比較的失敗が少ないです。


■自宅リビングや各部屋には、掛け時計型、置時計型、ティッシュボックス型、エアコンスイッチ型


■パソコンの設置部屋や電気製品がある部屋には、PC/AC電源アダプター型


■自宅玄関付近や各部屋の天井には、火災報知器型


■廊下などのダウンライト仕様の天井には、電球型


■寝室やクローゼット周辺には、フック型


■棚やテーブルの上に置いて撮影するには、充電器型カメラ、ミントケース型カメラ、キーレス型


■手に持って、あるいは、棚やテーブルの上に置いて撮影するには、ライター型


■身体に装備して撮影するには、メガネ型

このように、小型カメラは、使い方の工夫次第で自分や家族を身を守るのに役立つアイテムですので、ポイントを抑えて撮影しましょう。


小型カメラで防犯・ストーカー・浮気対策!!!

ホームセキュリティとは

今日では、街を歩いても監視カメラが設置され、ちょっとしたビルでは必ずと言ってよいほど、ガードマンが出入り口などの立っていて警戒しております。
このように、かっては安全だと言われてきた日本社会も、いつの間にか身近に多くの危険が潜む社会へと変わってきました。
各家庭においても、防犯対策を何もせずに過ごすことへの不安もあり、ホームセキュリティを導入するケースも増えているようです。
ホームセキュリティ は、以下のような場合に利用すると便利なサービスです。
■個人の場合は、
・家族の安心安全の暮らしを守りたい。
・離れて暮らす家族や高齢の両親を守りたい
・女性の一人暮らしで心配だ
・夜間に不審者が侵入したら駆けつけて欲しい
・防犯カメラなどの設備を設置したい
■中小企業や個人事業の場合は、
・ビルやマンションの安全管理をしたい
・オフィスの出入りを管理したい
・賃貸オーナーが安全を高めた物件を持ちたい
・貴重品を安全に届けたい
・輸送品の位置を確認したい
・情報漏洩を防ぎたい
・災害等の緊急時に社員の安否確認したい
といったときに利用すると便利です。
しかし、警備会社でも、それぞれ、価格やサービス などで特長があり、また、得手不得手の分野も異なっているので、目的に応じて選ぶ必要があります。

セコム・ホームセキュリティ