カテゴリー別アーカイブ: 転職・就職

特別養護老人ホームへの転職

高齢化の進行によって、その重要性が高まってきているのが特別養護老人ホームです。特別養護老人ホームとは身体・精神において著しい障害があり、介護保険制度のもとで適切な介護サービスを受ける必要がある人が入所する施設です。

その点において、一般の老人ホームと大きな違いがあり、これは、特別養護老人ホームで働くスタッフの種類や求められる仕事にも関わってきます。

まず、日常生活に不可欠なケアを行う必要があります。食事・入浴・排泄など。こうした仕事はおもに介護福祉士やホームヘルパーが行うことになりますが、健康状態に応じてケアの内容を変更したり、状態が思わしくない場合にはやめる判断も必要です。

このため、看護師がバイタルチェックを行って健康状態の確認を行う場合もあります。さらに、特別養護老人ホームでは、損なわれた身体機能を回復させるためのリハビリ、訓練も行われます。

単に世話をするだけでなく、本人ができるだけ自立した環境で生活を送れるような対策も行うため、理学療法士などリハビリの専門家が活躍しています。

このように、特別養護老人ホームでは介護に関わるほとんどすべての職種が働き、役割を果たしています。このため、さまざまな職種との連携が重要となります。

一人ひとりがチームの一員であるとの意識を持ち、コミュニケーション能力も求められることから、厳しい職場ではありますが、その一方で、介護職としてのスキルと経験を身につけられる環境ともいえます。

「MC介護のお仕事」は就職お祝い金付き♪

看護師が退職を切り出すタイミング

慢性的な人手不足に悩んでいる医療業界に努めている看護師にとって、今勤めている職場を退職したいという意思を伝えるタイミングはとても悩むところです。


ベストなタイミングは、「退職の意志が固まったとき」でしょう。これを無暗に先延ばしにしていると、後任者の手配や新規採用ができない、あるいは、引き継ぎの時間がないなど、職場に大きな迷惑をかけることになり、そうなると、円満退社は益々難しくなってしまいます。

結婚することが決まったらまず上司に報告し、その時点で、退職を考えていることを伝えておきましょう。

もし、引き止められたら、一旦保留にして間合いを取って、後日、家族と相談したうえで退職を選んだことを伝えます。

妊娠がわかったら、その時点で報告し、これを機会に退職の意思を伝えます。同時に、いつまで勤務するつもりなのかも伝えておくと、希望の時期に退職しやすくなります。

もし、信頼できる上司がいる場合は、いきなり退職願を提出するよりも、相談という形で、退職を考えていることを前もって話しておくと、正式な退職を申し出る際に受け入れられやすくなります。

上司が信頼できない場合は、転職先が決まってから切り出しましょう。その時期は、就業規則に定められている期間よりも早めに伝えることが大切です。すでに転職先が決まっており、退職時期を決めたいと持ちかけます。

夫の転勤による転居の場合は、転居までの期間が短いので、決まったらすぐに報告しましょう。もし、夫が転勤族の場合は、転勤時期が近づいたら、そろそろ転勤があるかも知れないと予告しておけば、話はスムーズに進められます。


看護師転職支援サービス「ナース人材バンク」