蟹の審査基準とは

今や、かに通販にとって、訳あり蟹はなくてはならない商品になりました。インターネットで「訳あり カニ」などで検索すると 「訳あり カニ」を販売しているサイトがいっぱい出てきます。
この、「訳あり蟹」というのは、簡単に言えば「規格外品」のことです。
浜で水揚げされた蟹は、スーパーや百貨店に並ぶ前に、漁協組合や大手スーパー、流通会社などで審査され、審査基準に通った蟹は正規商品として店頭に並びますが、審査にパスしなかった蟹は、「規格外品」として飲食店や旅館に卸されたり、他の加工商品になったり、地元で消費されたりします。また、最悪の場合は破棄されることもあります。
ところが、この「審査基準」なるものは、それぞれの漁協組合や大手スーパー、流通会社によって異なります。
だいたい共通している審査基準は「見た目」で判断されてあり、いちいち、殻を剥いて中身(蟹身)まで審査することはありません。
このため、甲羅(殻)の色艶(いろつや)の不具合や爪折れ、脚折れ、不揃いという理由だけで「規格外品」になってしまう場合がほとんどで、あくまでも見た目で判断している事が多いのです。
この様に、「訳あり蟹」は、中身(蟹身やカニ味噌)は「正規品」と同じなのに、見た目が悪いと言う理由だけで「規格外品」とされ、それゆえに、安く販売されているのです。
カニを安く、しかも、腹いっぱい食べたいと言う方にとっては、これを見逃すという手はありませんよね。
匠本舗の【かに本舗】は、知名度抜群、売上日本一のかに通販店です。

正しい洗顔のポイント

洗顔はスキンケアの基本中の基本です。一日過ごした肌は酸化したメイク汚れや肌からはがれ落ちた老化角質(垢)、空気中のちりやホコリ、汗や皮脂等の老廃物など、様々な種類の汚れでいっぱい!! まずクレンジングで油脂性の汚れを取り、 その後洗顔料を使ってさっぱりと洗い流すダブル洗顔がおススメです。
洗顔にはぬるま湯を使うのがベターですが、お湯の温度にも注意が必要。顔の表面温度は約32~34℃、顔の表面から皮脂が溶け出す温度は約30℃とされています。 そのため、皮脂を溶かし、かつ肌に負担にならない32℃前後のお湯で洗うのがベストといえます。
熱すぎるお湯で洗うと肌に必要な潤いや成分まで洗い流してしまい、乾燥肌の方は肌がつっぱったり、カサカサになったりすることも。また、オイリー肌の方は失った油分を補おうと余計に皮脂を分泌し、ますますベタつきが気になる悪循環に陥ってしまいます。
一方、温度が低すぎる水などで洗うと毛穴が閉じてしまい、皮脂や汚れがしっかり落ちにくくなって肌トラブルの原因になります。潤いを保ちつつ、スッキリと肌を清潔に保つ最適温度を見つけることも大切です。
「VCOマイルドソープ」で透明肌♪