EMSトレーニングの必要性

EMSの効果を最大限あげるためには、ただ装着するだけではなく、身体を動かしながらトレーニングし、これを日常的にやることが大切です。


自分一人でモチベーションを保てる人は問題ありませんが、それに自信がない人はフィットネススタジオに通うのがおすすめです。


最初の2~3カ月は、週に2~3回程度の頻度行い、慣れてきたら自分のペースでやっていくとよいようです。また、休息日を儲けることも大切です。


このEMSトレーニングを始める人の大半はダイエットが目的だそうです。ダイエットに一番必要なのは、筋肉を動かすことですから、それは当然のことなのでしょう。


特に、腹筋運動は、EMSを装着することによって、電気振動が腹部に伝わり、運動中の腹筋をやっている回数が増幅されるため、腹筋を20回やると、100回分くらいの効果があるそうです。


では、ダイエットの必要がない、痩せている人がEMSトレーニングを行うとどうなるのでしようか?


痩せていても、電流で筋肉に刺激を与えることによって、筋肉を鍛える効果が期待できます。このため、筋トレや健康維持を目的としてトレーニングをすることもできます。


EMSの【ながら運動】で筋トレとシェィプアップ♪

育毛と発毛は違うの?

育毛と発毛は似ているようで微妙に違います。一言で手うと、髪や頭皮に与える作用が異なるのです。


育毛とは、文字通り、今ある髪をしっかりと育てていくことです。育毛剤であれば、脱毛を予防したり、フケやかゆみをおさえたりして、丈夫な髪を育てることになります。


これはまた、頭皮環境を整えることにも繋がるため、薄毛部分からの発毛も期待することができます。


一方、発毛は、その名のとおり発毛です。様々な原因によって脱毛状態になってしまった状態から、髪の毛を増やすことです。


発毛剤は、毛髪の司令塔でもある毛母細胞の働きを活性化させ、休止期にある毛根から、再び発毛をさせるものです。


また、これらに関連して、養毛剤と呼ばれるものがありますが、これは、髪の毛や頭皮に栄養を行きわたらせることによって、髪の健康を維持することを目的とするものです。


これを使うことによって、髪の毛や頭皮に適度な油分と水分を与え、髪の外部からのダメージから保護したり、痛みを修復したりする効果があります。

養毛剤も含めて、育毛剤や発毛剤を使用する場合には、こうした違いをしっかり認識した上で行うことが大切です。


育毛なら「SHEEサプリメント」

ダイエットサプリの賢い使い方

最近多くのダイエットサプリが出回っておりますが、ダイエットサプリの最大のメリットは、飲むだけでより効果的なダイエットが可能なことです。


ここで大切なことは、ダイエットサプリの種類はいろいろありますが、サプリの種類に合わせたダイエット法を行うことです。


代謝を高め脂肪燃焼を助けるLーカルチニンを含むサプリなどは、運動前に飲む事で脂肪燃焼しやすくなります。


デトックスダイエットの際に、便秘解消のサプリを飲む事で、腸内が正常に機能し活発になりお腹周りの脂肪が燃焼しやすくなります。


また、食事制限のダイエットを行う場合にも、サプリを飲む事で不足した栄養などを補いランスの良い栄養を体内に送り込む事によって、代謝を高め循環器系の流れを良くし体質改善へと導きやすくすることもできます。


そして、足りない栄養は手軽なサプリで補う事で、ダイエットしやすく、リバウンドしにくい体に改善していきます。


いずれにしても、ダイエットサプリは手軽ですが、成分に応じたダイエットとあわせないと効果が低いダイエットサプリもあるので、成分を良く調べてからダイエットにお使い下さい。


カメヤマ酵母で【食事制限せず】無理なくダイエット

医療保険の問題点

保険に加入する際、保険を勧めた保険レディーは医療保険の問題点について、説明してくれましたか?実は、医療保険に大きな問題点があるのです。


医療保険とは、病気やケガなどで入院したり手術をしたりしたときに、あらかじめ決められた金額(1日入院で5000円とか10000円とか)の入院給付金や手術給付金を保険会社から受け取れる保険です。


これまで、医療保険については、主契約である定期保険や終身保険の特約型として医療保険がついているというのが主流でした。医療保険自体が主契約ではありませんでした。

このような特約型の医療保険の場合、主契約の払い込みが終了すれば、その後の保障はなくなってしまいます。つまり60歳で保険料の払い込みが満了の場合、その後は特約型の医療保険では新しく継続の手続きをしなければなりません。


このため、医療保険を残したければ、原則的には特約型保険料を一括で払い込む必要があったのです。


しかし、この一括で払い込む保険料は、かなり高額なものです。入院日額5,000円の給付で、100万円ぐらいの出費がかかります。


主たる家計を維持する主人が、60歳で定年になって年金収入が入る65歳までの間、ほとんどパート的な収入しかないような状態の時に、特約型の医療保険を継続するためには、100万円もの一時金を支払わなければならないのです。


最適の保険を選びなら「保険コネクト」

「ネット生保」のメリット・デメリット

インターネットから見積もりや申込みができる生命保険会社のことを「ネット生保」といいます。ネット生保は、従来の保険に比べて保険商品がシンプルで保険料が安いことが最大の特徴です。


そのメリットとしては、商品がシンプルでわかりやすい、安く加入できる、ネットでいつでも自分の好きなときに、見積もりや保障額シミュレーションや申し込みができる、クレジットの支払いでポインントが貯まるものがあるなどです。




保険の関する知識が豊富で、商品の内容を熟知していて、コンサルティングなど必要のない人には「ネット生保」というものは、魅力的な商品かもしれません。


しかし、多くの人は、保険についてよくわからず、どのような保険について加入すべきか、しっかりしたライフプランに基づいたコンサルティングができるFPに相談をして保険へ加入したほうが、メリットが大きいのではないでしょうか。

訪問型保険代理店「保険見直しラボ」☆満足度91%

育毛サロンの選び方

髪の毛に関する悩みというものは、今も昔も変わりません。男性、女性問わず多くの人が、薄毛・抜け毛に悩まれています。

その有効な解決策として育毛サロンを利用するという選択肢があります。しかし育毛サロンも数多くありますから、どこを選ぶべきなのか迷ってしまいます。どのような基準で選んでいけば良いのでしょうか。

●口コミや評判を目安にする。
周囲の人や知り合いの中に、育毛サロンで髪の毛の悩みを解決したという人がいたならば、そうした人の体験談や意見を聞いてみましょう。また、ネットでの口コミや評判を参考にして、自分に合った育毛サロン選びを行なっていくことも重要です。

●その育毛サロンでは、何が出来るかを知る
育毛サロンと言っても、治療薬の服用を中心としたAGA治療専門のサロン。植毛に特化しているサロン。優れたかつらを購入出来るサロン等々、得意分野や行なっている治療は、それぞれ異なります。
自分の求める治療は何かを明確にして、その条件に合った複数のサロンを候補としてあげ、その中から、選んでいくことが重要です。

●育毛効果の高い専門クリニックを探す。
育毛に関して、より専門的な治療をしたいとお考えの方は、発毛作用の効果のあるものを使用できる髪専門の病院で、医師による治療を受けることをお勧めします。
費やした費用や時間・手間に見合うだけの改善があるのか、改善出来た毛を何年維持できるのか、別のケアに移行できる頭皮を維持できるかどうか、ということも、サロンを選ぶ場合の重要な要素となるでしょう。 

「銀クリAGA.com」で薄毛や抜け毛対策!!

有酸素運動の発汗作用でAGA対策

運動が不足すると、毛母細胞による髪の毛の生成が低下して薄毛を悪化させることに繋がります。


では、運動をすれば良いのですが、やみくもに動いても意味がありません。運動には「無酸素運動」と「有酸素運動」がありますが、頭皮に栄養素を行き渡らせるためには、有酸素運動を行って血流を良くする必要がありますが、同時に発汗することによって、育毛へと有効に働きます。


男性に一番多いとされる男性型脱毛症(AGA)の原因は男性ホルモンです。ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが、還元酵素の5αリダクターゼによって毛乳頭細胞の受容体に結合すると、毛髪の成長を阻害してしまうからです。


この、育毛にとって邪魔な男性ホルモンの分泌を抑制するので発汗作用なのです。有酸素運動を行って汗をかいて水分補給をした後に排尿をすると、DHTが減少するので育毛促進に繋がるのです。


水泳やウォーキング、ジョギング、エアロビクスなどの有酸素運動を、疲れない程度に持続して20分以上続けることによって、多くの酸素を体内に取り込んでむと、燃焼効果が発揮されることによって、発汗作用が徐々に行われて汗ばんできます。


薄毛や抜け毛対策には「M-1育毛ミスト」

看護師が退職を切り出すタイミング

慢性的な人手不足に悩んでいる医療業界に努めている看護師にとって、今勤めている職場を退職したいという意思を伝えるタイミングはとても悩むところです。


ベストなタイミングは、「退職の意志が固まったとき」でしょう。これを無暗に先延ばしにしていると、後任者の手配や新規採用ができない、あるいは、引き継ぎの時間がないなど、職場に大きな迷惑をかけることになり、そうなると、円満退社は益々難しくなってしまいます。

結婚することが決まったらまず上司に報告し、その時点で、退職を考えていることを伝えておきましょう。

もし、引き止められたら、一旦保留にして間合いを取って、後日、家族と相談したうえで退職を選んだことを伝えます。

妊娠がわかったら、その時点で報告し、これを機会に退職の意思を伝えます。同時に、いつまで勤務するつもりなのかも伝えておくと、希望の時期に退職しやすくなります。

もし、信頼できる上司がいる場合は、いきなり退職願を提出するよりも、相談という形で、退職を考えていることを前もって話しておくと、正式な退職を申し出る際に受け入れられやすくなります。

上司が信頼できない場合は、転職先が決まってから切り出しましょう。その時期は、就業規則に定められている期間よりも早めに伝えることが大切です。すでに転職先が決まっており、退職時期を決めたいと持ちかけます。

夫の転勤による転居の場合は、転居までの期間が短いので、決まったらすぐに報告しましょう。もし、夫が転勤族の場合は、転勤時期が近づいたら、そろそろ転勤があるかも知れないと予告しておけば、話はスムーズに進められます。


看護師転職支援サービス「ナース人材バンク」

投資におけるリスク許容度・リスク耐性

投資においてリスク許容度・リスク耐性は運用者によって大きく異なります。一般的に、若い人や資金力のある人ほどリスク許容度が大きくなります。逆に、高齢者や資産が少ない人は、リスク許容度は小さくなります。


このため、資産運用を始めるにあたっては、自分が取れるリスクの大きさを理解・把握しリスク許容度を知ることが大切です。


すなわち、投資や資産運用で取ることができるリスクの大きさは、年齢、収入、資産の額などによって大きく変わります。


若い人は、例え資産運用で失敗しても取り返しができます。働くことによって収入を得られるからです。


若い人は高齢者に比較して資産の絶対額は小さいが、労働によって得られる収入が大きくなるため、資産運用によって多少のリスクをとっても、生涯収入全体から見ればリスクは小さくなるのです。


これに対して、高齢者は労働で得られる収入が少なくなります。このため、老後に必要なお金は、堅実に運用する必要があり、それだけリスク許容度は小さくなります。


資産運用以外で得ている収入が高い人ほど、リスク耐性は高くなります。失敗しても取り返しができるからです。また、公務員や大企業のサラリーマンのように収入が安定している人もリスク耐性が高いです。


その一方で、収入が高くても長く働けない、収入が安定していない人は、リスク許容度が小さくなります。


保有資産の絶対額が大きいほどリスク許容度は大きくなります。例えば、老後の資金に必要なお金3000万円をすでに確保している人は、残りのお金は、多少リスクのある運用を行っても、生活には困ることはないからです。


関野典良の「トレンドハンターFX」は、【FX初心者】にお勧めのFX商材です