特別養護老人ホームへの転職

高齢化の進行によって、その重要性が高まってきているのが特別養護老人ホームです。特別養護老人ホームとは身体・精神において著しい障害があり、介護保険制度のもとで適切な介護サービスを受ける必要がある人が入所する施設です。

その点において、一般の老人ホームと大きな違いがあり、これは、特別養護老人ホームで働くスタッフの種類や求められる仕事にも関わってきます。

まず、日常生活に不可欠なケアを行う必要があります。食事・入浴・排泄など。こうした仕事はおもに介護福祉士やホームヘルパーが行うことになりますが、健康状態に応じてケアの内容を変更したり、状態が思わしくない場合にはやめる判断も必要です。

このため、看護師がバイタルチェックを行って健康状態の確認を行う場合もあります。さらに、特別養護老人ホームでは、損なわれた身体機能を回復させるためのリハビリ、訓練も行われます。

単に世話をするだけでなく、本人ができるだけ自立した環境で生活を送れるような対策も行うため、理学療法士などリハビリの専門家が活躍しています。

このように、特別養護老人ホームでは介護に関わるほとんどすべての職種が働き、役割を果たしています。このため、さまざまな職種との連携が重要となります。

一人ひとりがチームの一員であるとの意識を持ち、コミュニケーション能力も求められることから、厳しい職場ではありますが、その一方で、介護職としてのスキルと経験を身につけられる環境ともいえます。

「MC介護のお仕事」は就職お祝い金付き♪