ストレスとニキビとの関係

ニキビの大きな原因の一つはストレスです。ストレスがなぜニキビの原因になるかと言うと、ストレスがかかると緊張状態になるために、 血流が滞り血の巡りが悪くなります。

血流が悪くなると、血流活性効果のあるDHT(ジヒドロテストステロン)という強力な 男性ホルモンを多く分泌させます。

このDHTが、肌荒れやニキビの原因になるのです。 このような理由から「ストレスがかかるとホルモンバランスが崩れる。」と言われるのです。

ニキビを防ぐには、何といっても、ストレスを溜め込まない事が大切です。スポーツや没頭できる趣味など自分に合ったストレスの解消方法を見つけストレスを溜め込まないように心がけましょう。

ニキビに悩む⇒ストレスがかかる⇒ストレスでまたニキビが出来る⇒また悩んでニキビ発生。

このような悪循環に陥らないように注意が必要です。

また、ピーリング効果のある石鹸や化粧水などで厚くなった角質を剥がしたのちに丁寧に保湿をし、お肌のターンオーバーを正常に近づけることも効果があります。

背中ニキビには「ジュエルレイン」