サプリメントと健康食品の危険性

トクホと違い厚生労働省が認められていない「健康食品」は、一般食品と同じ扱いですが、このような製品の中には、大々的な宣伝活動によって話題とはなりますが、消費者がなんら健康メリットを感じられないだけでなく、逆に、健康被害が発生してしまったものも存在します。


健康を期待して、高い金を払って購入したのに、逆に健康被害を受けてしまった、なんてことにならないよう、サプリメントや健康食品を利用する場合には十分な注意が必要です。

健康被害は、副作用の発生などサプリメントや健康食品自体に原因があるもの、他人の体験談やマスコミの情報を鵜呑みにして購入し摂取したが、自分の身体に合わなかったもの、あるいは、用法容量が明記されているにも関わらず、効果を早く出そうと焦って過剰摂取してしまい、副作用が出たなど、消費者側にも原因の一端があるものまで様々です。

例えば、一時はガンに効くとブームを呼んだアガリスクの健康被害は、中国原産のアガリクスを100%使用した製品を服用し続けた人が、肝機能障害で死亡するという事故が発生しております。

この製品を使って動物実験を行った結果、他の発ガン性物質に作用し、発ガンを促進する働きがあるということが発見されております。

「こどもバナナ青汁」

ワキが臭うメカニズム

人の汗が分泌される器官である汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2つがあります。


エクリン腺から分泌されるのは水で、これに微量のミネラルが含まれておりますが、アポクリン腺から分泌されるのは皮脂成分です。


本来、この皮脂成分自体は無臭ですが、皮膚にいる細菌が分解すると、ワキが独特の臭いを発するようになります。


すなわち、ワキの臭いがする原因は、アポクリン腺分泌液と細菌の2つが存在することによるものなのです。


ワキガは病気ではなく体質です。ワキガ体質の人は、このアポクリン腺の量によって大きく左右されます。

日本人は基本的にアポクリン腺を持つ人が少ないのですが、欧米人の多くはアポクリン腺を持つ人が多く、一般的にワキガ体質です。


家族にワキガ体質の人がいる、耳垢が湿っている、肌着の脇の部分に黄ばみが付く、汗がベタつく、体毛が濃いの内、複数該当すれば、ワキガの可能性は高くなります。


軽度のワキガ体質であれば、毎日、しっかりと風呂に入って、ワキの下などを清潔に保つことによって臭いは軽減されますが、ひどい場合は、手術をする必要があります。


「薬用ネオテクト」

自己処理には家庭用脱毛器がオススメ

脱毛ケアとは、毛抜きやカミソリを使って自分で脱毛を処理する。脱毛サロンやクリニックなどでケアを受けることも、脱毛ケアのひとつと考えることができます。


そんな数ある脱毛ケアの中でも、最も手軽に、そして誰でもできる方法といえばやはりカミソリや毛抜きを使っての自己処理でしょう。


脱毛ケアに使う道具も安いものであれば100円均一ショップでも手に入るほどなので、手軽にできるだけでなく費用もほとんどかからないというメリットがあります。


しかしながら、自己処理は安い費用で手軽にできる反面、そこには当然ながらデメリットも存在します。例えば、自己処理につきものなのが肌トラブルです。

毛抜きを使って自己処理をする場合、毛を1本ずつ抜いていくことになるのですが、毛を抜くことでその分毛穴が大きくなります。その結果、大きくなった毛穴から次に生えてくる毛は太く、濃い毛が生えてくることになります。


毛抜きで抜いた毛が多いほど太い毛も多く生えてくることになりますので、かえって逆効果といえます。また、毛が皮膚の表面に出てこずに皮膚内部で生えてしまう「埋没毛」といった現象が起こる場合もあり、見た目的にも美しいとはいえない状況になってしまう可能性も考えられます。


肌トラブルが起こるのは毛抜きでの処理の時だけではなく、カミソリを使った場合でも起こります。カミソリで毛を剃ることで皮膚への負担がかかり、その結果色素沈着などの肌トラブルにつながるケースがあります。


このように、脱毛ケアを自己処理することは常に肌トラブルと隣り合わせともいえますので、自宅などで脱毛ケアを行う場合には、脱毛ケアに特化した「家庭用脱毛器」の使用がおすすめです。

家庭用脱毛器は、脱毛サロンなどで使われている技術をベースに開発されていますので、肌に優しい脱毛ケアを行うことができます。


脱毛をしたいけれど肌トラブルが心配だという人には、家庭用脱毛器がおすすめです。


「ツーピーエス(2ps)」は【脱毛+美顔】の本格的家庭用脱毛器です。

間違ったダイエットをするとどうなる?

断食など極端な食事制限、単品の食品だけを摂取する、下剤や利尿剤を使用する、薬品やサプリメントの誤った飲用などは、リバウンドしやすい体になるだけでなく、健康に害を与える恐れがあります。


骨粗鬆症は、カルシウム吸収を促進するマグネシウムの欠乏や、ビタミンDの不足などが原因で起こりますが、骨のカルシウム(骨量)が増加する10代や20代の頃に誤ったダイエットでカルシウムを摂取できないと、骨粗鬆症になる可能性が大きくなります。

過食や拒食などの摂食障害も引き起こす可能性が高くなります。食欲をコントロールしているのが脳の視床下部にある食欲中枢ですが、間違ったダイエットによって異常な食習慣が続くと、脳が食欲中枢をコントロールできなくなってしまうからです。

女性特有の婦人科系トラブルに巻き込まれる可能性もあります。特に、バランスの悪い食事や過剰なダイエットによって栄養が低下すると、卵巣の機能が働かなくなってしまい、女性の体をコントロールしている2種類の女性ホルモンの分泌量が低下します。

これによって、月経不順、無月経、無排卵などの婦人科系のトラブルを引き起こし、不妊の原因となってしまうこともあります。

ダイエットと言えども、バランスのいい食生活は必須ですし、これに適度な運動を組み合わせて無理のない減量に努めましょう。


「もぎたて生スムージー」は【満腹感+栄養豊富+美味しい】の3拍子揃ったダイエットスムージー♪