水素を体内に取り入れる方法は?

水素を体内に取り入れる方法は、水素水の飲用、水素ガスの吸入、水素水浴の3つの方法があります。


アルミパウチ水素水は、水素ガスを充填するもので、 安全性の点では問題はありませんが、水素は、1m3の水に0℃・1気圧下で0.98mol(1.96ppm)溶けて飽和します。


炭酸飲料と同様、常圧に戻った瞬間、過飽和分の水素は速やかに抜け出すため、これ以上の濃度(過飽和)は無意味となりますので、高濃度を謳った高価水素水はあまり意味がありません。


水素水スティックなどで水素を発生させる「金属マグネシウム反応方式」や耐圧容器の中で水素を発生させる「水素生成剤方式」は、いずれも、マグネシウムやアルミニウム及びカルシウム化合物を使って水素を発生させます。


このため、水素だけてなく、マグネシウムイオンやアルミニウムイオンを一緒に体内に入れることになります。このため、十分な水素を取り込む前に、マグネシウムやアルミニウムの過剰摂取が懸念されることになります。


体内で水素発生剤から水素を発生させる「サプリメント方式」は、水素発生剤を粉末のまま直接体内に取り入れるため、何がどの程度起こっているのかよく分かりません。


水素発生のための材料としては、マグネシウムやアルミニウム及びカルシウム化合物と同様のもの、または、水素を吸着させたものがあります。


前者では、これらの過剰摂取のリスクがあり、後者では体内で水素が遊離するのかどうかなどは、その程度なのかも含めて判断は困難です。


サーバー内で電気分解を行う「電気分解方式」は、水素は発生しますが、これが水中でどの程度安定的に存在できるのかは疑問です。


しかし、水を電気分解した際に陰極側に生成するアルカリイオン水は、効能・効果として胃腸症状の改善が認められております。


水素ガスの吸入は、水素を気体で取り入れるため、水素水の何倍もの水素を短時間で取り入れることが可能です。


また、肺から直接吸収するため、胃酸による影響を受けず、約15 分の吸入で血液を通して体全体に水素を届けることができます。


水素水浴については、体は皮膚呼吸をしているため、水素風呂に浸かることで水素を体全体で取り込み全身に浸透させることができます。


また、浴室内に充満した水素を、口からの呼吸によって取り込むことができます。

水素水でアンチエイジング

ドライブレコーダーの機能別タイプ

■衝撃感知型


走行中に衝撃(異変)を感知した際に、自動的に録画を開始するタイプです。


これには、衝撃センサーで振動を感知する場合と、モーションセンサーで周囲の動きを感知する場合の2種類あります。


車両が接触する可能性の高い一般道路や高速道路の走行、あるいは、信号待ちの衝突などに威力を発揮します。


このほか、駐車中などの停車時に録画ができ、駐車監視型ドラレコを搭載していなくても録画が行えます。


車両に装備されている常時電源と接続することにより、給電状態を維持でき、ほとんどの車種で駐車中の録画が可能となっています。


■多機能型


通常のドライブレコーダー以外にカーナビ、ワンセグ、レーダー探知など幾つかの機能を備えたタイプです。


1台で多くの機能を搭載しているため、別の機器を取り付けなくて済むため、スペースに困るといった事態を避けることができます。


機能としては、ドライブレコーダーの視野角が広いため、車体の真横まで録画することが可能なので、走行中の他車の割り込みや、急な車線変更なども映像として残すことができます。


この他にも、衝突を防ぐために警告音を出す安全機能やWiFiやGPSが搭載されている機種もあります。


WiFi機能を利用すれば、スマホなどの機器に録画した映像をダウンロードができるため、事故発生時には映像の確認が可能となります。


GPS機能は、走行したルートを録画できるため、たとえ道を忘れても映像で確認することができます。


■常時録画型


基本的には、運転中やトラブル時に作動するタイプではなく、駐車時に録画を開始するタイプです。


動いている時ではなく、止まっている時にモーションセンサーによって作動する駐車監視機能付きが多く、駐車場で当て逃げやいたずらなど、運転中以外の被害を少しでも減らすためにも有効です。


「ドライブレコーダー」なら【液晶王国】