室内・寝室のアレルギー対策

気管支ぜん息やアトピー性皮膚炎など、多くの子供がこうしたアレルギー症状に苦しんでおります。
アレルギー症状への引き金になるのが、アレルゲン(アレルギーの原因物質)ですが、これは、家の中や寝具のホコリ、カビや花粉、動物の毛やフケ、タバコの煙、さらには、大気汚染物質や気象の変化等々、日常生活の中に存在するごくありふれたものが殆どです。
1日の大半を過ごす室内や寝室においてアレルゲンとして考えられるは、細菌の胞子、ハウスダスト(ダニのフン、ダニの死骸がおもな家の中のホコリ)、カビ、花粉などがあります。
アレルギーの症状のもとになるアレルゲンを改善していく方法の一つとして、よく言われるのが「環境整備」です。
寝室の床は、畳の上にカーペット、あるいは、ジュータンの上に敷物などを敷いていませんか。
このように床面を二重三重にしていると、重ねた空間にダニの棲みかを作ってやり、育てているようなものです。
ダニやカビは、通気性のよくない隙間と適度な湿気があれば、最も良い繁殖条件が整ってしまうからです。
床面は、二重、三重に重ねて使わない、風通しを良くし、乾燥させる、こまめな掃除(掃除機)で、ハウスダストやダニを除去する、動物や植物などを入れるのを避ける。
など、ダニ、カビのもとを改善することが大切です。

「陽だまりの休息」は【アレルギーや冷え性】に効果的

コメントを残す