投資におけるリスク許容度・リスク耐性

投資においてリスク許容度・リスク耐性は運用者によって大きく異なります。一般的に、若い人や資金力のある人ほどリスク許容度が大きくなります。逆に、高齢者や資産が少ない人は、リスク許容度は小さくなります。


このため、資産運用を始めるにあたっては、自分が取れるリスクの大きさを理解・把握しリスク許容度を知ることが大切です。


すなわち、投資や資産運用で取ることができるリスクの大きさは、年齢、収入、資産の額などによって大きく変わります。


若い人は、例え資産運用で失敗しても取り返しができます。働くことによって収入を得られるからです。


若い人は高齢者に比較して資産の絶対額は小さいが、労働によって得られる収入が大きくなるため、資産運用によって多少のリスクをとっても、生涯収入全体から見ればリスクは小さくなるのです。


これに対して、高齢者は労働で得られる収入が少なくなります。このため、老後に必要なお金は、堅実に運用する必要があり、それだけリスク許容度は小さくなります。


資産運用以外で得ている収入が高い人ほど、リスク耐性は高くなります。失敗しても取り返しができるからです。また、公務員や大企業のサラリーマンのように収入が安定している人もリスク耐性が高いです。


その一方で、収入が高くても長く働けない、収入が安定していない人は、リスク許容度が小さくなります。


保有資産の絶対額が大きいほどリスク許容度は大きくなります。例えば、老後の資金に必要なお金3000万円をすでに確保している人は、残りのお金は、多少リスクのある運用を行っても、生活には困ることはないからです。


関野典良の「トレンドハンターFX」は、【FX初心者】にお勧めのFX商材です

コメントを残す