ワキが臭うメカニズム

人の汗が分泌される器官である汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2つがあります。


エクリン腺から分泌されるのは水で、これに微量のミネラルが含まれておりますが、アポクリン腺から分泌されるのは皮脂成分です。


本来、この皮脂成分自体は無臭ですが、皮膚にいる細菌が分解すると、ワキが独特の臭いを発するようになります。


すなわち、ワキの臭いがする原因は、アポクリン腺分泌液と細菌の2つが存在することによるものなのです。


ワキガは病気ではなく体質です。ワキガ体質の人は、このアポクリン腺の量によって大きく左右されます。

日本人は基本的にアポクリン腺を持つ人が少ないのですが、欧米人の多くはアポクリン腺を持つ人が多く、一般的にワキガ体質です。


家族にワキガ体質の人がいる、耳垢が湿っている、肌着の脇の部分に黄ばみが付く、汗がベタつく、体毛が濃いの内、複数該当すれば、ワキガの可能性は高くなります。


軽度のワキガ体質であれば、毎日、しっかりと風呂に入って、ワキの下などを清潔に保つことによって臭いは軽減されますが、ひどい場合は、手術をする必要があります。


「薬用ネオテクト」

コメントを残す