青汁の効果的な飲み方

青汁はメーカーによって、使用されている材料やブレンドの仕方は変わりますが、一般的にメインの材料として多く使われているのはビタミンやミネラルが豊富な「ケール」「大麦若葉」「明日葉」などです。

これらの葉野菜は、他の野菜に比較して「β-カロチン」の含有率が高く、体調改善に役立つ「酵素」や「食物繊維」も多く含まれています。

しかし、これら葉野菜は硬い細胞壁で覆われているため、そのまま食べると消化しづらいため、すりつぶしてピュレ状にしたり、粉状にしたりすることによって、栄養を吸収しやすくしております。

このため、青汁は野菜の栄養素を効率的に摂取することができますが、医薬品のようにすぐに効果を感じるものではないため、食生活習慣として、1日1杯の青汁を飲むことが大切です。

野菜不足や栄養バランスが気になるときは、朝一番に飲むのがおすすめです。

朝の身体は、睡眠中にエネルギーを消費した状態ですので、最も栄養を吸収しやすくなっております。

このタイミングで青汁を飲と、野菜の栄養素を無駄なく摂ることができます。

ただし、寝起きの胃腸には冷たい青汁はあまり良くないため、常温の青汁をゆっくり飲みましょう。

便秘気味の場合は、食物繊維が豊富な青汁で、お腹の調子を整えるましょう。

就寝前に飲むと、腸の蠕動運動が助長されて、翌朝はスッキリすることでしょう。


ストレス眠れない時は、就寝の2~3時間前くらいに飲むと良いでしょう。

青汁に使われている「ケール」には、「メラトニン」という精神を安定させ安眠に導くホルモンが多く含まれています。

また、自律神経の働きを整える「ビタミンB群」やストレス軽減作用のある「ビタミンC」もたっぷり含まれております。

疲れているときは、青汁を飲んで、早めに就寝するようにすると、眠りの質も改善されて、心身ともに疲労の回復に役立ちます。

「こどもバナナ青汁」で免疫力UP!!

コメントを残す