安眠枕の選び方

質の高い睡眠をとるためには枕が重要な役割を果たします。枕を選ぶ上で重要なのは高さです。理想的なのは、仰向けに寝たときに顎下にしわがよらない程度の高さです。


睡眠時は鼻呼吸が基本ですが、高すぎる枕を使うと口呼吸になってしまいます。逆に低すぎる枕は、仰向けに眠るとつっぱり感が出て息苦しさを感じ、口呼吸になりがちです。

中には、柔らかい枕を好む人が居りますが、それも程度の問題で、ある程度の硬さは必要です。特に、首や肩に痛みを感じている人は要注意です。

首や肩が痛い人は、どうしても柔らかい枕を選びがちですが、長時間同じ姿勢を保つために、逆に。体の痛みを引き起こしてしまいます。

これに対して、硬い枕は寝返りしやすく頻繁に姿勢を変えることが出来るので、体の負担が一点に集中しません。

自分が寝やすい柔らかい枕は、使い心地良いからといって、それが体に良いわけではありません。ある程度硬い枕は、使い始めは多少の違和感がありますが、体に負担をかけることなく安眠することができます。

枕の通気性が悪いと蒸れてしまい、ダニや雑菌などが繁殖しアレルギーに繋がります。さらに、蒸れることによって枕の温度が下がり、睡眠時の頭の温度も下がって、夜中に目覚める原因にもなります。

また、干したり、洗ったりと手入れに手間がかかります。通気性の良い枕であれば、たまに干して枕カバーを洗えば良いので、手入れも楽になります。


安眠枕の【スリープドクターズピロー】は満足度90%以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>