自宅内での小型カメラの使い方

小型カメラには多種多様な隠しタイプがありますので、撮影する場所に適した機種を選ぶことが大切です。


自宅で撮影するのに適したカメラは固定型です。撮影の失敗が少なく、撮影アングルを事前に確認しておくことによって撮影したい動画を高確率で手に入れることができます。


また、テーブルやボックスなどの上に置いて撮影をする時は、持ち運び型カメラが便利で比較的失敗が少ないです。


■自宅リビングや各部屋には、掛け時計型、置時計型、ティッシュボックス型、エアコンスイッチ型


■パソコンの設置部屋や電気製品がある部屋には、PC/AC電源アダプター型


■自宅玄関付近や各部屋の天井には、火災報知器型


■廊下などのダウンライト仕様の天井には、電球型


■寝室やクローゼット周辺には、フック型


■棚やテーブルの上に置いて撮影するには、充電器型カメラ、ミントケース型カメラ、キーレス型


■手に持って、あるいは、棚やテーブルの上に置いて撮影するには、ライター型


■身体に装備して撮影するには、メガネ型

このように、小型カメラは、使い方の工夫次第で自分や家族を身を守るのに役立つアイテムですので、ポイントを抑えて撮影しましょう。


小型カメラで防犯・ストーカー・浮気対策!!!

コメントを残す