糖質制限ダイエットのメカニズム

糖質は炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素にあたる炭水化物の一部です。


炭水化物には、「糖質」と「消化できない食物繊維」の2つがあり、前者は人が消化吸収できますが、後者はそれができません。

糖質の主たる役割は、身体の重要なエネルギー源として、また、脳や神経の活動を左右するエネルギー源としての役割を果たすことです。


そして、このエネルギー源である糖質を制限すると、体内にある中性脂肪がエネルギー源として利用されるようになります。

体内に糖が不足するようになると、体内に蓄積されていた中性脂肪が分解されるため、これが、結果的に脂肪の減少に繋がるのです。

また、糖質を制限することによって、血糖値の上昇が抑えられ、血糖値の上昇に比例して分泌されるホルモン「インスリン」の分泌も抑制されます。

インスリンは、血糖値を下げるために血液中の糖を脂肪細胞に取り込むよう命令を出すホルモンです。

このインスリンの分泌量が少なくなると、それだけ糖が脂肪細胞に取り込まれなくなって、その結果として太りにくくなるのです。


「ナッシュ(nosh)」は【糖質90%OFF】の冷凍弁当を提供♪