酵素ダイエットのメカニズム

人間の体内には、消化酵素と代謝酵素という2種類の酵素が存在しており、体に取り込んだ食物を消化・吸収・代謝するはたらきを担っています
しかし、酵素は使うと減ってしまう消耗品なので、年齢を重ねるにつれ、酵素不足に陥ってしまいます。酵素が少なくなると、消化・代謝活動が衰え、体内に老廃物がたまりやすくなり、便秘になったり、脂肪が蓄積しやすい体になったりしまいます。
酵素を使ったダイエットは、酵素飲料などの酵素食品を利用したダイエット法のひとつです。酵素飲料を取り入れることで代謝機能を向上し、痩せやすく、太りにくい体を作ります。
そして、この酵素ダイエットのポイントは、酵素の持つ分解作用を応用しているところです。
酵素は現在判明しているだけでも体内に4000種以上存在していると言われていますが、中でも酵素ダイエットに関係しているのが『プロテアーゼ』『リパーゼ』『アミラーゼ』の3つです。
プロテアーゼはたんぱく質の分解を。リパーゼは脂肪の分解を。そしてアミラーゼは炭水化物の分解を行う消化酵素です。
これらの消化酵素を酵素飲料などで補うことで、体内に取り込まれた食物の消化を促し、余計な老廃物の蓄積を防ぐことができます。
特にリパーゼは脂肪の堆積を防ぐ酵素として、ダイエットへの効能が注目されています。

生酵素サプリ「まあるい旬生酵素」でダイエット&便秘解消

コメントを残す