発酵食品の健康と美容効果

発酵とは、ある物質が菌や酵母といった微生物の働きによって有益な方向へ変化する現象のことをいいます。そして、「発酵食品」とは、微生物の力によって、もとの食材にはない美味しさや、有効成分を加えて栄養価を高くしたものです。
発酵食品の摂取に伴う健康&美容効果としては、
■カラダによい栄養成分が増す
納豆は納豆菌の働きにより、独自の成分「ナットウキナーゼ」が生まれて血液の流れを良くし、ネバネバ成分の「ポリグルタミン酸」はお肌の潤い保持に効果があります。また、ヨーグルトは、酵素の働きにより牛乳に比べてカルシウムの吸収率が高まります。

■抗酸化作用がアップ
食品中に含まれる抗酸化物質(ビタミンC、カロチン、カテキン、フラボノイド など)は、生の状態では細胞内で強く結合しているため、十分な働きができないといわれていまが、発酵過程で種々の酵素が働くことにより、この結合がとれて効率よく抽出されることにより、非常に強い抗酸化作用を持ちます。

■味わいが増し美味しくなる
微生物の働きにより、発酵食品は独特の風味が増加します。発酵すると、グルタミン酸などの旨み成分が増加します。これは、普段、調味料として欠かせない醤油や味噌も発酵が生み出した味や香りで、料理のバリエーションを増やすことが出来ます。

■保存性がよくなる
発酵作用のある微生物には、ほかの微生物の繁殖を抑える作用があります。これによって、腐敗菌の繁殖がある程度おさえられるので、生の状態の食品よりも長い期間保存することが可能となります。

「美爽煌茶」で穏やかに便秘解消!!

コメントを残す