不妊症の要因とその治療

不妊症とは、夫婦となっている二人が、健全なペースで性的な関係を結んでいるのに二年経過しても子宝に恵まれないことを言います。


また、女性の社会進出に伴う晩婚化や、ストレスの多い社会なども不妊症の人をさらに生み出していく要因となっております。


不妊症で医療機関を受診している人は、国内における結婚している全女性のうち1割程度だとされています。また、不妊症に対する相談及び治療については、大抵の場合婦人科または不妊治療専門外来で行われています。


もし、高度医療にあたる不妊症の治療を希望するなら、決まった病院を受診しなくてはならないため、行く前にまずは問い合わせが必要となります。


不妊症の原因は、男性側にある場合と女性側にある場合、または、男女の両方に起因するケースがあります。


不妊症の検査は、女性であればホルモン値の測定や通水検査、それに子宮や卵管の造影検査といったものを行います。 男性の検査は、精液を調べるというのが標準的な検査のやり方です。


女性の不妊症の要因は、ホルモンのバランスによる卵子の異常や卵管や着床の問題、卵巣そして子宮がうまく働かないことなどが当てはまるでしょう。男性側では、精子の障害や性交時のトラブルなどがあるとされています。


男性も女性も不妊症のための治療については、その内容も病院に通う回数も原因に応じて異なります。


まずは、タイミング法という治療方法がとられ、反応を確認しながら治療に取り組んでいきますが、日本の病院での不妊症治療に関しては、高額となってしまうことがネックとなっております。


一般的に保険対象内であるタイミング法というのは、それほど高額な支払いにはならないでしょうが、人工受精や体外受精というような治療法が高度になるのと比例して負担が大きくなります。


ただし、現在では、不妊治療費を一部ですが、負担してくれる自治体が増加傾向にあります。

「full-me MACA(フルミーマカ)」で【妊活+ &更年期】対策

コメントを残す