タグ別アーカイブ: メタボリックシンドローム

肥満症とメタボリックシンドロームの違い

肥満は脂肪組織に多くの中性脂肪が溜まって体重が増加した状態を言い、単なる身体現象であって病気とは言いません。


肥満症は病的な肥満を言い、その診断基準は、BMI{体重(kg)÷身長(m)×身長(m)}が25以上の場合で、肥満に合併しやすい、糖尿病、高脂血症、高血圧や高尿酸血症(痛風)、脂肪肝、関節症などの病気が合併しているか、あるいは、内臓肥満(腹部CTで内臓脂肪面積100平方cm以上)が確認できるかどうかです。

肥満症は、肥満に伴って生じる病気治療の対象になり、内臓脂肪の蓄積によって起こる糖尿病、高脂血症、高血圧、動脈硬化による心臓病や脳卒中、高尿酸血症、脂肪肝、女性の月経異常、皮下脂肪の蓄積で起こる関節症、腰痛症などの整形外科的疾患と、睡眠時無呼吸症候群にも大きな影響を及ぼします。

一方、メタボリックシンドロームは、血糖値や血圧値、コレステロール値、中性脂肪をチェックして肥満症と診断されると同時に、腹囲径が、男性では85cm以上、女性では90cm以上の場合です。

メタボリックシンドロームは、動脈硬化の進行を抑えるため、内臓脂肪型肥満に焦点をあてております。

「シボヘール」は【お腹の脂肪】を減らす機能性表示食品です。