タグ別アーカイブ: 復縁

遠距離恋愛からの復縁方法

復縁を成功させるためには、行動に出るタイミングや状況判断が必要になりますが、これが遠距離恋愛だった場合は、通常の恋愛とは違った対応が必要になります。


通常の恋愛であれば、偶然会ったり仲間のイベントなどに参加して顔を合わせるなどして復縁のチャンスを掴むことができますが、遠距離恋愛ではこのようなことは難しいからです。

しかし、相手との連絡手段を失ってしまえば、それだけ、復縁の可能性も遠ざかってしまいますので、相手を責めたり、しつこく迫るようなことはせずに、最低限、連絡できる状態を保ちつつ、しばらくは、連絡を控えて冷却期間を置くようにしましょう。

そして、冷却期間の間に、別れに至った原因を考えてみましょう。特に、遠距離恋愛だと、物理的な距離が原因に含まれている可能性があります。

遠く離れているために、相手に寂しい思いをさせてしまった、あるいは、相手が自分を思いやって別れを選んだなどの原因もあるかもしれませんので、それを改善するために、どうすれば良いかを考えてみましょう。

もし、相手がSNSをしている場合は、時々チェックして状況をチェックするとともに、自分の近況も載せてみましょう。もし、相手があなたのことを気にかけているなら、覗いているはずです。それをきっかけに、復縁のチャンスが掴めるかもしれません。

冷却期間を置いてから最初の連絡は慎重に行いましょう。別れるに至った原因の分析とその解決策などをまとめておき、良いタイミングで連絡を取ることが大切です。

しかし、いきなり長文のメールを送ると、相手がその展開についていけないこともあるので、最初は挨拶程度の軽いものに留め、時間を掛けながら少しずつ核心に迫って自分の気持ちを伝えるようにしましょう。


家庭のトラブル【離婚・復縁・浮気】をまあるく収めるマニュアル

復縁は焦らない

分かれたあとは、お互い嫌な気持ちが残っていて、復縁したと思っても、そうした悪い感情が優って中々うまくいかないものです。復縁したいと思ったら、焦らないことです。そう、一定の冷却期間が不可欠なのです。
電話やメールをするのが好きな人が、全く連絡をよこさないと、相手のほうも段々と気になってくるものです。そうすると、よほど反省しているのだろうかと好意的に考えてくれるかもしれません。別れた相手と全く接触せずに、しばらく放置しておくといのは、意外と効果があるものなのです。
しかし、その冷却期間にも男女差があります。女性から男性にアプローチするなら3~6カ月程度は必要でしょう。
逆に、男性から女性の場合は1カ月が妥当でしょう。その理由は、往々にして女性は元カレを否定することで気持ちに折り合いをつけようとするため、あまり期間を置きすぎるとかえって復縁の可能性が下がってしまうからです。
復縁をしようと決めたら、まず大切なことは、とにかく焦らないことです。そして、元彼や元カノに、復縁したいという気持ちを押し付けないことです。これさえ守ってトライすれば、復縁の可能性は大いに高まります。
別れ方によって異なりますが、カップルが、別れてから復縁するまでに必要な期間は、平均で2ヶ月~半年くらいのようです。

「7つのステップでもう一度好きにさせる方法」