タグ別アーカイブ: 払済保険

払済保険のメリット・デメリット

払済保険とは、保険期間はそのままにして、保険料の払い込みを中止し、それ以後は保険料を払うことなく、解約返戻金を元手にして、保障額を下げた同じ種類の保険に変更するものです。


これを行うと、保障額は下がりますが、保障の一部を継続しつつ保険料は払わなくて済むのが、大きなメリットです。

このため、収入が減少した、急な出費が必要になったことによって、毎月の保険料を削減したい時などには、有効な手段です。

これを、もし、途中で保険解約してしまうと解約返戻金少なくなって損をしてしまいますが、解約することなく、払済保険に変更することで、変更後も解約返戻金を増やすことが出来ます。

ただし、終身保険、養老保険、個人年金保険、学資保険などを、払済保険に変更することは可能ですが、払済保険に変更すると、それまでに付加されていた特約は消滅してしまいます。

払済保険は、保険の見直しに活用することもできます。貯蓄型の保険に加入していると、毎月の保険料はどうしても高くなってしまいますが、これを払済保険にすると保障額は下がりますが、毎月の保険料の負担は無くなります。

下がって不足する保障額は、保険料の安い定期保険や収入保障保険で補えば、保険料の負担をかなり抑えることができます。

この場合でも、貯蓄型の保険自体は継続しているので、将来、解約すれば解約返戻金も受け取ることが出来ます。


「保険ランドリー」で無料保険相談&保険見直し